This Category : 読む

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

あれ?

2009.01.14 *Wed
 
なんで?

いつ買った?

え、それより読んだっけ?

そんな小説を発掘しました。


289

そう。
『探偵ガリレオ』
2007年にドラマ放送されたアレです。

もちろんドラマ見てました。
本が出てることも知ってました。
が、店頭で見かけても
「いやー原作は別にいらんな~
 柴咲コウの役柄って原作にはおれへんらしーし~」
とか思って、手に取ることもなく通り過ぎていってました。

なのに。

い、家にあった・・・・・・・・(゚ω゚;)
読んだのか?おれ読んだのか?
と思い、読んでみたところ・・・

うん、読んでました( ゚∀゚)・∵.

ドラマ見てる間、まっっっっったく思い出しませんでした、はい。
そういえばだいぶ前、東野圭吾を何冊か買い続けたことがあったなぁ・・・
その中でσ(´○_`*)が「探偵」とタイトルについているものを
見逃すハズがないわなぁ・・・
にゃゆこ的に東野氏はカタい文章なのでハマることはなかったんで
冊数持ってるわけじゃないけど・・・
でもまさか忘れてるなんて・・・

で、いつ買ったんや?と思って奥附見てみたら
2003年11月15日 第10刷
でした。
( ゚д゚)ポカーン

あ、読んだ感想は
ドラマ版のガリレオ先生より
小説版のガリレオ先生の方が好きです(´ω`*)
 
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

早いよ

2008.07.11 *Fri
 
うん、うちも好きだけどさ。

本誌で読んだけどさ。

放送日の次の日には家にありました。


105

早いよ、おとーちゃん。
 
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

三国志

2007.08.03 *Fri
 
ただいま、先日購入した第一巻読みちう。





デスガ。





(やっぱり)脳細胞が受け入れを懸命に拒否っております^w^;;;;;;;;;;;;

オモシロイヨー となだめてから読んでみるのですが
どうも世界に入りきれないw

途中出てくる漢文(詩?)やら、読み方全然覚えられない人名とかに
余計に拒否反応をおこすらしーです( *´艸`)

本はスゴク好きだけど
やっぱり世界史はダメなんだって(from脳細胞)

ちっとPS2のゲームでもやって
もっかいチャレンジすっか……orz
 
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

世界史

2007.08.01 *Wed
 
なんて文字を見るだけで鳥肌なにゃゆこです。

が。
ついに買っちまいました。

027



 『三国志』吉川英治

なんで読もうと思ったかって、そりゃーゲームですよ( ´,_ゝ`)プッ

PS2の真・三国無双4だったか真・三国無双4 猛将伝だったか。
で、ちょいとハマッてしまいまして。
一緒にやった友人も勧めてくるし。

んでも、一口に三国志といっても色んな本が出ているわけで。
友人(のカリスマ家庭教師(o゚c_,゚o)プ♪)にどれがイイ?と聞いてみたら
「吉川英治!」と即答。
小説だけど、漫画のように場面が映像化されて頭に浮かんできて読み易いらすぃ。

ホホーゥ(+・`ω・´)
それは、ゲームから入ったにゃことしてはありがたい。
ってことで、今日、梅田へ出たついでに紀伊國屋で購入。


しばらく1800年前にいってきます。
 
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © えりんぎか、しいたけか。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

にゃゆこ

Author:にゃゆこ
関西在住。
釣り好き民生好き。
一猫の母です。

前略プロフィールはこちら


112x150
Author:えりんぎ(三毛猫)
横浜生まれ兵庫育ち。

2008年5月
母猫・姉妹猫と共に保護される
2008年7月末
ゲリラ豪雨と共に関西入り

現在に至る












検索フォーム




 






QRコード

QRコード




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。